• はじめての方へ
    • 当院の特徴
    • 院長挨拶
    • 診療について
    • 問診表ダウンロード
    • よくあるご質問
  • 診療メニュー
    • 診療メニュー一覧
    • 自費料金表
    • オンライン診察
    • 往診について
  • 当院について
    • 当院の特徴
    • スタッフ紹介
    • 治療機器紹介
  • アクセス
    • 交通のご案内
    • 駐車場について
  • 予約について
    • 当日順番予約
    • 翌日以降の予約
  • 049(298)6845
    再読み込み

まちの皮ふ科ブログ

ホーム > まちの皮ふ科ブログ > 湯たんぽの季節ですね。
2019年12月05日 スタッフブログ

湯たんぽの季節ですね。

  • こんにちは、町野皮膚科のサブロウです。

    朝、晩と冷え込む季節になってきましたね。寒いこの季節に活躍するのが、湯

    たんぼ、電気あんか、ストーブ等の暖房グッズです。冷たくなった手足をほど

    よく温めることのできる優れものです。

    しかし、便利な反面、これらの暖房グッズで低温やけどを負う方もいます。当

    院でも毎年10人を超える患者さんが低温やけどの症状で受診をし重症化の方

    は、春先頃まで治療される方もいます。

     

    ≪低温やけどは重症化に注意≫

    低温やけどは、体温より少し高いくらいから、60℃以下の熱源に長い時間

    触れ続けることによって起こります。熱源が低温の場合ゆっくりと進行するた

    め、気づいた時には重症化のやけどを負ってしまうこともあります。

    お肉を焼く時に弱火で奥まで火がとおるイメージでしょうか。

     

    ≪暖房グッズと上手に付き合う≫

    湯たんぽや電気あんかは厚手のタオルや専用のカバーなどに包んでいても低

    温やけどを起こしてしまう場合があります。就寝前に早めに布団に入れて温め

    ておき就寝時には布団から出しましょう。

    皮膚科ナースの私からすると湯たんぽはかなりの確率でやけどをする危険な暖

    房器具です。十分に注意して下さい。1度、湯たんぽでやけどをした方は、2度

    目、3度目があります。1度でもやけどをした方はもう使わないのがオススメで

    す。

    ←この寝方は要注意です!!

記事一覧へ

その他の記事